Holy Fawn – Death Spells(2018)

Disc Guide

Label – Triple Crown Records 
Release – 2018/09/14 

アメリカ・アリゾナ州出身のポストロック・バンド、Holy Fawnの2ndアルバム。その名を世に知らしめることになった傑作。

ポストロックとシューゲイザー、ブラックメタルの審美的マッシュアップとでも言うべき完成度の高い音響と楽曲を堪能できる。静寂と轟音のコントラストがとにかく美しく、ポストロックの高度な楽曲展開の影響と、シューゲイザーとブラックメタルの折衷の結果生まれた音響が核にあるようで、それと同時にBlack Tape For Blue Girl等のエセリアル・ウェイヴ勢や一部のポストパンクとの近似性がある異端的な聖性を称えた楽音は、「ブラックメタルの自浄」というブラックゲイズの大きな主題を象徴しているようにも思える。「Arrows」終盤のデスヴォイスと透徹した轟音を聴けば、彼らの魂がブラックメタルにあるのは明白だ。

text by aro

タイトルとURLをコピーしました