Float down the Liffey – 琥珀色が沈むまでは(2017)

Disc Guide

Label – McFly Records 
Release – 2017/03/21 

東京を拠点に活動するFloat down the Liffeyのミニアルバム。プロデュースはハイスイノナサの照井淳政。

耳に馴染みやすいポップさと、胸の奥をつまむような切なさ。その正体は、Coaltar of the Deepers、ストレイテナー、ナンバーガール、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど、国産オルタナティヴ・ロックを彷彿とさせるフレーズと疾走感だ。ヴォーカルもどこかNARASAKIに近いものを感じる。実際それらのバンドからの影響を明言している他、サカナクションやSwervedriverへのオマージュも散りばめられている。シューゲイザー・ファン以外にも十分刺さる内容。

なお、サブスクリプションで配信されているものには、過去のEPやコンピレーションの音源も収録されている。

text by osushitabeiko

タイトルとURLをコピーしました