Wavertone

Column

ゴシックとそれ以降のアンビエント・シューゲイズ/Lovesliescrushingについての覚書

様々な形に変化/進化し続けるシューゲイザーの中でも優れて実験的で、シューゲイザーの本質の一つである陶酔や幻想世界の描出、そして聴者の目の前の風景を変えるような幻想としての音楽を創作し続けるLovesliescrushingについての雑感。
タイトルとURLをコピーしました