Posted on: 2022年1月27日 Posted by: Sleep like a pillow Comments: 0

福岡を拠点に活動中のYuki Kondoによるベッドルーム・ソロ・プロジェクト、Happypills(ハッピーピルズ)の新作EP『Porthole』が、2月9日にカセットテープでリリースされる。

2019年5月リリースの1stアルバム『Milk Floe』がUSのインディー・レーベル、Citrus Cityより2020年にカセットテープでリイシューされ即完売、デジタル・リリースの音源は国内外のプレイリストに選曲されるなど、インディー・ファンからも熱い眼差しが向けられていた。

2ndアルバムのリリースが期待されて久しいHappypillsだったが、いよいよ2月9日、フィジカル・リリース第二弾として5曲入りEP『Porthole』をMiles Apart Recordsよりカセットテープでリリースすることが決定した。

海外のドリーム・ポップやインディー・ロック、あるいは宅録ローファイ・ポップと共振するメランコリアを纏いながら、煌めくような甘酸っぱいメロディとドリーミーなギター・サウンドで駆け抜ける全5曲を収録。

クリア・ブルー・シェル仕様、ステッカーとダウンロード・コード付属の限定版。

■ Release

□ Happypills – Porthole

□ レーベル:Miles Apart Records
□ 品番:MAP-039
□ 仕様:Cassette Tape + Sticker + DL Code
□ 発売日:2022年2月9日(水)
※ストリーミングは2月16日(水)解禁
□ 価格:1,100円(税別)

□ トラックリスト:
A1. Monsoon
A2. Half Asleep
A3. Flowerr
B1. Intro
B2. Lightning

■ Profile

□ Happypills(ハッピーピルズ)

ベッドルーム・ソロ・プロジェクト。海外インディー・ポップや宅録SSW、2000年代邦楽ロックなどに影響を受けたローファイ・サウンドが特徴。2020年には1stアルバム『Milk Floe』がUSインディー・レーベルのCitrus Cityよりカセットテープでリイシュー。

Author

Sleep like a pillow
Sleep like a pillowShoegaze Web Media
シューゲイザーとその周辺について。多様化/細分化するシューゲイザーの「今」を伝えるメディアを目指します。現在は、對馬拓(主宰)、鴉鷺、鈴木レイヤの3名で運営中。
Contact:sleeplikeapillow1991@gmail.com