pollyが『Four For Fourteen』で鳴らす、本来の音楽 越雲龍馬インタビュー

Interview

polly(ポーリー)が2ndアルバム『Four For Fourteen』を11月4日にリリースした。

この夏、彼らは「刹那(canon)」を皮切りに、「狂おしい(corruption)」「言葉は風船(hope)」「知らない(somewhere)」と、リアレンジを施した過去の楽曲を新たにレコーディングし、立て続けにリリース。pollyにとって新しい何かが始まる合図なのは確かだったが、後日、その想像を優に超えるニュースが発表された。自主レーベル「14HOUSE.」の設立、である。

その知らせと共に届けられたのは、これまでのpollyとは明らかにテイストの異なる新曲「残火」だった。それも、自主レーベル初のアルバムに収録されるというのだ。慣れ親しんだUK.PROJECTを離れ、新しいアルバムを作る。大きな決断だということは想像に難くない。新曲からも並々ならぬ気概を感じたものだった。

そして、ついにリリースされたアルバム『Four For Fourteen』。これが本当に素晴らしい。これまでのpollyを総括し、新たな要素も取り入れ、新境地を開拓した会心作と言えるだろう。彼らには、これまでよりもっと開けた、真新しい景色が見えているに違いない。

pollyは、いかにして過去曲のリアレンジへと向かったのか。そして、自主レーベルという新たなフィールドからリリースしたアルバムに、どのような思いを込めたのか。越雲龍馬(Vo. Gt. Pg.)に訊いた。

interview / text by osushitabeiko
photo by Hideya Ishima


発想は逆なんですけど、それでどういう化学反応が生まれるか

- アルバム聴かせていただきましたが、とても良かったです。

ありがとうございます。

- まず、立て続けにリリースされた過去曲のリアレンジはアルバムとは切り離されたものだと思っていたのですが、アルバムに収録されると知って、少し意外でした。アルバムの制作は、元々リアレンジの楽曲を入れようと思って始めたのでしょうか?

2019年の『FLOWERS』から次のアルバムを出すまで一年空くことは決まっていて、その間に前作からのステップを見せていきたかったんですけど、新曲を出すのはすごく惜しいなと思ったんです。自主レーベルを立ち上げることも『FLOWERS』のツアーの頃から何となく考えていまして。

自主レーベルからリリースする一発目のアルバムはフィジカルで出したかったんですよ。というのもあって、作品へのホップ・ステップ・ジャンプというか、過去の曲を新たな作品として解釈しながら、段階を踏んで新作に向かっていこうと。

- 今のモードで過去の曲をもう一回やってみよう、ということなんですね。

そうですね。リアレンジした4曲中、3曲が2018年の『Clean Clean Cleanの曲なんですけど、あのアルバムは「日本人のメロディをどれだけ海外っぽいサウンドに染めていくか」っていうのが僕の中ではテーマで。今回の『Four For Fourteen』は「海外のサウンドをどれだけ日本人のメロディに落とし込めるか」という逆の手法になっているんです。そうなったのは『FLOWERS』がトリガーだったというか。『Clean Clean Clean』の楽曲を今のバンドのモードでやっても全然差し支えないと思ったんですよ。発想は逆なんですけど、それでどういう化学反応が生まれるか、っていう。弾き語りでもちゃんと響くような作品を作りたくなったきっかけが『FLOWERS』なんです。だから『Clean Clean Clean』をどれだけ次作に向けてのステップにしていくか、という意図がありました。

- なるほど。過去のインタビューを読ませていただいたのですが、『Clean Clean Clean』に対して、越雲さんは色々思うところがあると思うんですよ。「自信作だったけど、思ったよりも反応がなかった」と言っていたのが印象的で。そういう思いもあってリアレンジに向かっていったのかな、と勝手に思ったりもしたのですが。

そういうのは全くないですね。個人的に『Clean Clean Clean』は、すごく美しい作品で。pollyのベースとなっているアルバムだと思っているので、それを塗りつぶして新しくしようっていうリアレンジではなくて、違うアプローチもできるというところを見せたかった。『Clean Clean Clean』は、曲のDNAを全部一緒にしようと思ってたんですよ。全く同じフォーマットで、同じカラーに染めようというコンセプトだったんですけど、そういうものがなくなって『FLOWERS』という作品ができて。あのアルバムはもっと色々な方面に向けることができる作品だったから、本来持っている曲の良さを引き出すアレンジをしていくことが、今後のバンドにとって新しい視線になると思って、リアレンジに向かっていったので。『Clean Clean Clean』に対して、悔しさはあったけど嫌悪感は全くなかったです。

- 過去がどうこうというよりは…。

未来に向けて、です。

polly(photo by Hideya Ishima)

Next:純粋に自分たちの音楽を続けていくための一番綺麗な手段だったんです

タイトルとURLをコピーしました

固定ページ: 1 2 3 4 5